Katsuカツ
2021-11-01 19:19
【文商シリーズ】【Links Defi】【2】LinksでBTCを購入!【Fennec→4Swap】
文商シリーズ【Links Defi】編!続き! 【Fennec】アカウントを作成したら、早速Swapしましょう! 【4Swap】でスワップ方法を紹介します!
Words Count: 917

Fennec】アカウントができたら、早速使ってみよう!

今回はJPYC/BTCのSwap方法を紹介します。(流動性がまだ低いため、実際のスワップは無価値なお遊びコインでやります。やってみたい方はLinks ID: 39214520にDMしてください。)

1.【4Swap】紹介

・4swapは、Mixin MTG(Mixin Trusted Group)テクノロジーで構築された自動流動性供給分散型プロトコルであり、MixinNetworkのスマートコントラクトの代替手段です。

・ステーブルコイン間の交換は低スリッページ、低手数料という特徴があります。

・ユーザーは暗号資産の交換(Swap)や流動性供給ができます。

・pUSD-USDT(ERC-20)、pUSD-USDT(TRC-20)、pUSD-USDC、pUSD-DAI、およびBTC-wBTCのペアの場合、交換手数料は0.04%です。残りのペアについては、交換手数料は0.3%です。

2.【Fennec】を使って【4Swap】でスワップ

2.1.【Fennec】でコインを追加

ブラウザで【Fennec】のアイコンをクリックし、【Fennec】を開きます。新しく作ったアカウントにはトークンが表示されないことがあるので、必要なトークンを追加しましょう。↓
31.jpg

トークンを選んで【Links】から入金します。(Erc20トークンのアドレスは同じくETHアドレスです。)↓
32.jpg

2.3.【4Swap】でスワップ

2.3.1. JPYC/BTC

「Swap」をクリックして、【4Swap】が自動的に開きます。↓
27.jpg

【Fennec】を接続します。↓
28.jpg

トークンを選び、数量を入力します。入力したら、価格や価格の影響などの情報が表示されます。(流動性が低いので、今回はJPYC/BTCとスワップしません。)↓
29.jpg

2.3.2. お遊びコインでテスト

手順は同じです。↓
33.jpg

「スワップ」→「Pay」→「Submit」で、スワップができました!↓
34.jpg

3.まとめ

・【Fennec】のアカウントは「Links友だち」ではないので、送金記録を確認したい場合はLinksウォレットでトークンの詳細を確認しましょう。

・【4Swap】は安くて速いスワップができるというメリットがあります。(手数料だけ+瞬時スワップ)

・【4Swap】のデメリットはステーブルコインやBTC、ETHなど以外のトークンの流動性がより低いということです。十分確認してからスワップしましょう。

14:0
0 購入回数, 8 リワード回数
価格(BTC)
0.0
支払い回数
8
収益(USD)
1.2985
自分の割合(%)
0.0
読者コメント